埋没毛にならないムダ毛処理の仕方とは?

カミソリや毛抜きを使うと出来やすいですムダ毛処理の中でも手軽に出来る方法として、カミソリや毛抜きを使う方法がありますが、この方法でムダ毛の処理をしていると、「埋没毛」といって、その名のとおりムダ毛が埋没してしまう事があります。

埋没毛の原因は、カミソリや毛抜きを使ったときに皮膚を傷つけてしまい、かさぶたが出来てしまうことから始まります。

そのかさぶたが毛穴をふさいでしまうと、ムダ毛が皮膚の外に出てくることが出来ずに、皮膚の中で成長をしてしまいます。

ただ、埋没毛は自然に分解されるので、気にする必要がないといえばないのですが、埋没毛の部分で炎症が起きてしまうと、「毛嚢炎」になってしまうことがあるので注意が必要です。

埋没毛を作らないためにも、お金もかからず手軽に出来るカミソリや毛抜きでのムダ毛の処理はやめましょう。

一番良いのは、エステサロンでムダ毛の処理をする方法なのですが、レーザー脱毛なら埋没毛も脱毛をすることが出来ます。

自分で埋没毛があるというのがわかっている場合は、サロンなどでその事を伝えるようにしましょう。

もしも、どうしても自分でムダ毛の処理をしたいと言う方は、比較的埋没毛が出来にくい「脱毛クリーム」がおすすめです。

ちなみに、埋没毛になりやすい体質となりにくい体質というものがあるようです。

初めてのムダ毛処理で埋没毛が出来てしまった方は、なりやすい体質と思ってよいでしょう。